ペンス副大統領、「アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間」をたたえる

517日、ペンス副大統領はホワイトハウスにおいて、「アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間」をたたえるスピーチを行いました。エレーヌ・チャオ運輸長官とメディケア・メディケイド・サービス・センターのシーマ・ヴェルマ行政官も同席し、米国史におけるアジア・太平洋諸島系米国人の貢献を祝いました。

トランプ大統領は「アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間」の大統領令で、「米国には2000万以上のアジア・太平洋諸島系米国人がいる。彼らはアメリカをより活気のある、豊かで安全な国にするため、日々取り組んでいる」と述べました。

ペンス副大統領のスピーチはこちらをご覧ください。