ペンス副大統領:米国民は中国国民のためによりよい状態を望む

10月24日のワシントンDCでのスピーチでマイク・ペンス副大統領は、米中関係の改善に向けた取り組みに焦点を当てました。それと同時に、債務外交や軍備拡張主義などの、多くの争点も強調しました。ペンス副大統領は、「米国民は中国国民のためによりよい状態を望んでいる。しかし、我々はその目的を追求するために、いつの日にか変わるであろう中国の姿ではなく、現状の中国を受け入れなくてはならない」と述べています。