ビザサービス

ビザサービス | 在日米国大使館・領事館

ビザサービス

重要なお知らせ 2020年11 月24日より、東京米国大使館は、Bビザを除く全ての非移民ビザサービスとIR1、IR2、CR1、CR2、婚約者(K)ビザを含む特定の移民ビザサービスを再開しました。 2020年12月7日より、大阪米国総領事館は、Bビザを除く全ての非移民ビザサービスを行っておりますが、数が制限されております。Bビザは、人道的理由などにより緊急で渡航する場合を除き、申請は受け付けません。 2020年11月24日より、福岡米国領事館、札幌米国総領事館は、Bビザを除く全ての非移民ビザサービスを再開しました。 2020年10月30日より、沖縄米国総領事館は、IR1、IR2、CR1、CR2を含む一部の移民ビザサービスを再開しました。 米国大使館と各領事館では、可能な限り迅速にケースを処理するため最善を尽くしますが、通常より待ち時間が長くなることが予想されます。緊急の理由ですぐに渡米する必要がある方は、 www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-main-contactus.asp に記載されているガイダンスに従って、緊急面接予約リクエストを提出してください。 ビザ業務一時停止の影響のため、すでに非移民ビザの申請料金をお支払い済みで、面接予約をすることが出来なかった申請者に対して、面接予約ができるよう、申請料金の有効期限を2022年9月30日まで延長します。通常のビザ業務再開についての最新情報は、引き続きこちらのウェブサイトでご確認ください。 ビザプロセス及び大統領令に関しての詳細は、 国務省ウェブサイト (英文)をご覧ください。   米国移民法では、渡航目的やその他の事情に応じて、必要となるビザの種類が異なります。ビザ申請者は、申請する種類のビザの要件を全て満たしていることを証明する必要があります。 渡航目的に適したビザの種類については、 travel.state.gov の「各種ビザ案内 (Directory of Visa Categories)」をご確認ください。 非移民ビザ 移民ビザ