婚約者ビザチェックリスト

よくある質問

英文以外のすべての書類には英訳が必要です。専門の翻訳家による正式な翻訳である必要はありませんが、翻訳が完全で正確である証明として最後に訳者が署名をしてください。翻訳に公証を受ける必要はありません。

特に指示がなければ、書類は大使館・総領事館に送らず面接日にお持ちください。面接予約の前に必要書類が全て揃っているかご確認ください。

あなたに該当する書類をすべて用意してください。
パスポート: 米国への渡航に有効で、ビザ発行日より少なくとも6ヶ月間有効なパスポート。親のパスポートに併記される16才以上の子どもで、子どもの写真がそのパスポートに無い場合は、子ども自身のパスポートが必要です
DS-160確認ページ:インストラクションのステップ3をご参照下さい。DS-160を入力する際、最初に選択する「申請を行う場所」は、必ず東京、または那覇を選択してください。他の場所で婚約者ビザ申請をすることは出来ませんので、ご注意ください。
写真 背景は白、6ヶ月以内に撮影したもので、5cm x 5cmの同一カラー証明写真を2枚提出してください。眼鏡は外して撮影してください。眼鏡を着用した写真は不可となります。
申請料金: ビザ申請料金を日本円でお支払いください。詳細は銀行および支払いのオプション\ビザ申請料金を支払いページをご覧ください。
出生証明書: 原本または公証済コピーの出生記録または戸籍が必要です。証明書には公式な記録保管人の捺印または署名が必要で、証明書が公式記録の写しであることを示す必要があります。21歳未満の未婚の子どもがいる方は、ビザを申請しない場合でも子ども全員の出生証明書を提出してください。
出生証明が入手できない場合: 公式な出生証明が入手できない場合は、適宜発行された洗礼証書、病院の出生証書、学校の成績表、両親の宣誓供述書など二次的な証明として考えられる最良のものを提出してください。
前婚が解消している証明: 以前結婚していた方は、婚姻が正式に解消したことを証明する離婚証明書または死亡証明書の公式なコピー。
扶養証明: あなたやあなたの子どもが米国で生活保護を受ける可能性がないことの証明。米国で生活保護を受けないことを証明するための書類に関してはこちらをご覧ください。扶養宣誓供述書(I-134)や添付書類は署名してから1年間有効です。

警察証明: 現在の居住国および16才以降に6ヶ月以上住んでいたすべての国からの警察証明が必要です。また、Kビザで同行する16才以上の子どもも警察証明を提出しなければなりません。

理由を問わずこれまでに逮捕されたことがある方は、居住期間にかかわらずその国の警察証明を入手してください。警察証明は1年間有効です。ビザ発行日当日に有効でなければなりません。国によっては警察証明が入手できないことがありますので、その場合は直ちに大使館・領事館へご連絡ください。

他の国から警察証明を入手するための情報はReciprocity by Countryをご参照ください。米国の警察証明は必要ありません。

注: 日本の警察証明は封印されています。封が破れているような場合、その証明は無効です。警察証明は開封せずに大使館・領事館に提出してください。

裁判・拘置記録: 有罪判決を受けたことがある方は裁判・拘禁記録の公証済みコピーを提出してください。こうした記録は恩赦や赦免を受けた場合も提出しなければなりません。少年犯罪の場合も該当します。
軍隊除隊記録: これまでに従事した兵役内容が記録された認証謄本(または、公証済コピー)。自衛隊の記録は各部隊へ申請してください。
健康診断: 婚約者ビザ申請者は大使館や領事館の指定医療機関での健康診断が義務付けられています。申請者は渡米予定を考慮し、各自の責任において医療機関へ予約をしてください。健康診断書の書式は指定医療機関にあります。受診の際はパスポートまたは写真付渡航書、予防接種記録、パスポート用サイズ(30mmX40mm)の写真4枚をお持ちください。
婚約関係の書類:請願書と申請者が正式な婚約関係にあることを証明するよう求められることがあります。手紙や写真など、婚約関係を証明できるものを提出出来るようご準備下さい。