条件付永住者

「条件付永住者」とは何ですか?

結婚後2年以内に米国籍者の配偶者として米国に移住した場合、あなたは条件付永住者という資格を持つことになります。子どもがいる場合は、子どもも条件付永住者ということになります。投資ビザ(EB5投資ビザ)にも条件付永住資格があり、いずれも、条件付をはずし永住者となるための手続きが必要です。

条件付資格の有効期限はグリーンカード上に明記されています。

条件付永住者はForm I-751 (Petition to Remove the Conditions on Residence)あるいはForm I-829 (Petition by Entrepreneur to Remove Conditions)を提出しなければなりません。この請願書は、条件付永住資格を与えられた日から2年目を迎える前の90日間に提出しなければなりません。この日付は通常グリーンカードが失効する日付です。

重要:米軍基地勤務者のご家族への情報

関連リンク(英文)

注意事項:当サイトに掲載されているビザ情報の内容には万全を期していますが、情報は予告なしに変更されることがあります。大使館は、掲載されている情報や表現等に対して保証するものではありません。米国永住者に関する情報はUSCISのウェブサイトでご確認ください。


Frequently Asked Questions

「条件付永住者権」の場合、その条件付を取り除くためにI-751請願書を、グリーンカード失効前の90日間以内に直ちに提出しなければなりません。期間内に提出しないと米国永住資格を失うことになります。

USCISのウェブサイトからI-751ダウンロードすることができます。I751請願書に記載されている米国移民局(USCIS)へ請願書および料金を郵送してください。米国大使館・領事館では受付ておりません。

日本から米国内のUSCISへ郵送することができます。USCISの住所はI-751請願書に記載されています。

既にI-751請願書を提出し、USCISから延長受理通知を受けとっている場合は、グリーンカードが失効していても米国に戻ることができます。渡米の際は、失効したグリーンカードとUSCISからの請願書受理通知の両方をお持ちください。この受理通知の有効期限は通常18ヶ月です。したがって、米国出国後1年以内あるいは請願書受理通知の有効期限内のいずれか早いほうの期日迄に米国に戻らなければなりません。

原則として、条件付永住者がグリーンカード失効前の90日間に請願書I-751を提出しなかった場合、カードの有効期限が切れると同時に、自動的に永住者としての資格を失います。ただし、法律により、請願書I-751を有効期間内に提出できなかった理由が、本人の力がおよばない状況にあったということを示すことができる場合に限り、失効後の提出を認めるとしています。失効後の提出が受理されるか否かは米移民審査官の判断です。ただし、I-751を提出しなかった条件付永住者は、米国外への退去の対象になることがあります。この場合、再入国申請が特に承認されない限り、米国へは何年も戻ることはできないかもしれません。したがって、期限内にI-751を提出できなかった条件付永住者は、米国籍配偶者・両親による請願書(I-130)に基づいた新たな移民ビザを申請することをお勧めします。

USCISがI-751を許可しなかった場合、あなたは永住資格を失ない米国に居住することはできません。

いいえ。日本の米国大使館及び領事館ではI-751請願書を申請するために指紋採取は行っておりません。ご質問のある場合には、移民局に直接お問い合わせください。