非移民ビザ

在日米国大使館および領事館ビザ課は、米国に一時滞在する方、また米国に永住を希望する方に対し、ビザサービスを提供しています。

米国非移民ビザ申請のための情報やビザの種類に関する詳細は、グローバルサポートサービス(GSS)のウェブサイトをご覧ください。

非移民ビザ申請の手続きをステップごとにビデオと共に分かりやすく紹介しています。こちらからご覧下さい。

渡米の目的によって該当する非移民ビザの種類が異なります。各ビザ種類に関する詳細はこちらをご覧下さい。

米国大使館・領事館で非移民ビザを申請する全ての申請者は、DS-160オンライン申請書を提出しなければなりません。申請書の記入方法や注意事項等、詳細はこちらをご覧下さい。

各ビザカテゴリーに必要な書類が記載されています。ビザ申請の際は、記載されている全ての必要書類を準備して下さい。詳細はこちらをご覧下さい。

外交・公用ビザ(Aビザ)、国際機関ビザ(Gビザ)そして米国政府スポンサーの交流訪問者(J)ビザ(DS2019に記載されたプログラム番号がG-1, G-2, G-3, またはG-7 から始まるもの)申請方法に関する詳細は、こちらをご覧下さい。

貿易駐在員ビザ(E-1)と投資駐在員ビザ(E-2)は、米国と通商条約を締結した国の国民が申請・取得できるビザです。申請方法に関する詳細は、こちらをご覧下さい。

DS160申請書が提出されて一年以内のすべての非移民ビザ申請においては、CEACウェブサイトで審査状況を確認することができます。詳細はこちらをご覧下さい。

ビザ申請には、領事との面接後に追加手続きが必要となるケースがあります。追加手続きが必要な場合は面接時に領事よりその旨説明があります。審査状況の確認はこちらをご覧下さい。

非移民ビザ、移民ビザ及びビザ免除プログラム(ESTA)に関するよくある質問や回答がご覧いただけます。ビザ申請サービス・コールセンターを利用される前に、こちらのよくある質問索引をご覧ください。

ビザ申請に関するご質問がございましたら、下記の方法でお問い合わせください。ビザ申請サービス・コールセンター担当者が、お電話、Eメールまたはチャットでご質問にお答えします。

〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5 米国大使館ビザ課

日本にお住まいの方: 050-5533-2737

米国にお住まいの方: 1-703-520-2233

Email: support-japan@ustraveldocs.com
Skype ID: ustraveldocs-japan

お問い合わせに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

米国大使館
〒107-8420
東京都港区赤坂 1-10-5
電話:03-3224-5000

大使館敷地内には駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。最寄りの地下鉄の駅は次の通りです。

  • 銀座線・南北線 = 溜池山王駅(14番出口 徒歩約5分)
  • 丸の内線・千代田線 = 国会議事堂前駅(3、7番出口 徒歩約10分)
  • 日比谷線 = 神谷町駅(3、4番出口 徒歩約10分)

2014年6月2日より、ビザ申請の際、大使館への持込が認められていないものをお預かりすることはできません。大使館内に手荷物等を保管する場所はありませんので、所持品の保管については各自来館前にご準備ください。持込みが認められていない物を持参された場合、入館することができないため新たな面接予約が必要となります。ご注意ください。

大使館への持込み可能なもの:

  • 携帯電話1台
  • 手持ち可能なバッグ1点 (25 cm×25 cm以下)
  • ビザ申請関連書類が入った透明なクリアフォルダー
  • 傘、ただし荷物検査前にセキュリティゲートの外の傘立てに置くこと

大使館への持込みができないもの:

  • ノートパソコン、iPad、USBメモリ、電子手帳、スマートウォッチ、ポケベル、カメラ、オーディオ/ビデオカセット、コンパクトディスク、MP3、フロッピーディスク、ポータブル音楽プレーヤーなどの電子機器
  • 許可されたサイズ(25 cm x 25 cm 以下)を超える大きなかばん(バックパック、リュックサック、ブリーフケース、旅行かばん、スーツケースなど)
  • 食品全般
  • 煙草、葉巻、マッチ、ライター
  • はさみやナイフ、爪やすりなどの先の尖った物
  • 全ての武器、凶器、火薬、爆発物

なお、このリストに限らず、これら以外にも警備員の指示により持込みが禁止される物があります。持込みが禁止される物の紛失及び損傷に関して、大使館の警備員は一切責任を負いかねます。保安上の観点から、大使館または領事館にインフォメーション窓口はありません。入館は予約をお持ちのビザ申請者に限られます。私達は、大使館の外で長時間並んでお待ちになる申請者の方々の負担を軽減するためにこの方法を導入しています。ご理解とご協力をお願い致します。

面接時にビザが許可された方は、通常面接後、約7日でビザのついたパスポートがお手元に届きます。ただし、全ての方のケースが約7日でプロセスされるという保証はありません。審査にお時間がかかるケースの例として下記のような状況が挙げられます。

  1. 不足書類がある。
  2. 領事の判断により追加書類の提出が必要となる。
  3. 追加手続きが必要となる。追加手続きについての詳細はこちらをご覧ください。

ビザ申請が必要な方は渡航日までの日数に十分な余裕を持ってビザを申請してください。ビザ申請の審査状況についてのお問い合わせは通常の手続き期間内には控えていただくようお願いいたします。また、提出されたビザ申請が自動的に許可されることはありませんので、ビザのついたパスポートが実際にお手元に届くまでは、変更、キャンセルの出来ない航空券等の手配はなさらないでください。

ビザ申請者の方への注意事項

ビザ発給に伴う諸手続きにより、米国大使館・領事館ではあなたのご出発に間に合うようビザの発給を保証することはできません。ビザがお手元に届くまでは、航空券の購入などの最終渡航計画は控えてください。