米国が懸念する5G

来年には、未来の経済と公共サービスの根幹を成す第5世代移動通信システム(5G)がスタートします。5Gは携帯電話から自動運転車、そして配電網や水システムに至るまで、私たちの生活のあらゆる側面に関わりがあります。

残念ながらこの5Gを支える新しいインフラにより、国家が安全保障上の危機にさらされかねません。最大の懸念は、外国政府の管理や影響を受ける企業により、機器が組み込まれるかもしれないということです。