女性がキャリアで成功するために必要な意識改革

アメリカ大使館のインターン、左近充まりえさんが、女性の活躍推進のために必要な制度や意識改革についてマルゴ・キャリントン広報・文化交流担当公使にインタビューしました。そのなかで左近充さんは、職場での女性に対する無意識の偏見や、女性に必要なリーダーシップ育成プログラムについて学んだほか、自信を持つこと、自分の能力を過小評価しないこと、高い目標を持つこと、前向きであることの重要性にも気づくことができました。インタビューの詳細はこちらをご覧ください。